婚約指輪は人気のものから選ぼう【一生の記念の品物】

同じ結婚に関するアイテム

リング

対照的なアクセサリー

結婚を控えた男女にとって気になるアイテムと言えば婚約指輪と結婚指輪です。購入のために銀座のお店に足を運ぶ予定の方もいらっしゃると思います。どちらも2人にとって一生の記念となるアイテムですから、銀座で購入する際にはその違いをきちんと把握しておくべきです。婚約指輪は男性から女性に対して贈られるもので、婚約した証であるほか、男性の真剣な気持ちを形で表したものとして扱われます。結婚までの間に身につけることを前提としており、着用する場面もパーティーや友人の結婚式など、華やかでフォーマルな場を想定しています。これは婚約指輪のデザインからも確認できます。主にダイヤモンドに代表される大きな宝石を使用していることがほとんどで、普段の生活で着用している方はほとんどいません。また婚約指輪の価格帯にも特徴が見られ、凝ったデザインやダイヤモンドを使用していることから、結婚指輪に比べて相場は高く、銀座でも30万円代が主流となっています。一方、結婚指輪は結婚したという証明のため、男女ともに身につけることが前提となっています。結婚式でお互いに交換するシーンはみなさんご覧になったこともあるでしょう。日常において常時身につけておくことを想定しているため、比較的シンプルなデザインである場合がほとんどです。ダイヤモンドが用いられていたとしても、女性用に極めて小粒のものが埋め込まれている程度です。価格は2人で10万円代のものを求める方が多いです。銀座のお店で購入する前に2つの指輪の違いを把握しておくと、失敗を防ぐことができます。